激務でない薬剤師エリアマネージャー求人

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 条件別の薬剤師エリアマネージャー求人 >> 激務でない

激務でない薬剤師エリアマネージャー求人

キャリアアップ・ステップアップするにあたって薬剤師の場合、エリアマネージャーという方法があります。薬剤師エリアマネージャーになると、より重要なポジションで仕事をすることになります。また給料アップの可能性も期待できます。しかしその反面、薬剤師エリアマネージャーは激務であるという話もしばしば聞かれます。複数店舗のマネジメントをするので、確かに仕事量は多くなるかもしれません。しかし求人情報を見てみると、そこまで激務ではない求人もしばしば出ています。激務でない求人かどうかチェックするにあたってひとつポイントになるのが、どの範囲を管轄するかです。

薬剤師エリアマネージャーは複数の店舗をまとめて管理する形になります。この対象の店舗が多ければ多いほど、どうしても激務になりがちです。そこでもし薬剤師エリアマネージャーを担当することになった場合、どの程度の店舗数を管轄するかは事前に確認しておきましょう。だいたい大手のドラッグストア・調剤薬局の薬剤師エリアマネージャーの案件を見ると、1人当たり10〜15店舗の担当であることが多いです。これを超えるような店舗数を担当することになると、負担はどうしても大きくなります。

またどの程度の範囲を担当することになるかも、激務になるかどうかのチェックポイントになります。調剤薬局やドラッグストアによっては、郊外まで手広くエリアマネージャーが担当しなければならない案件もあります。範囲が広いと、それだけそれぞれの店舗を回るのに時間がかかってしまいます。その分残業も多くなるでしょうし、自分の時間がなくなります。同じ店舗数でも郊外まで範囲が広いと激務になりがちなので注意しましょう。また自動車移動で店舗を回るケースが多いです。そこで簡単にアクセスできる幹線道路沿いに店舗の集中している求人に応募すると、移動も楽になります。

一般的な傾向として、大手のドラッグストアや調剤薬局の方が激務ではない傾向もみられます。大手の場合、何か労務上問題が起こるとマスコミにも取り上げられやすくなり、問題が大きくなります。このため、コンプライアンスを徹底している所が多いです。薬剤師エリアマネージャーに対してもあまり負担がかからないように区分けを行っている傾向があります。その他にも福利厚生を徹底している、産休・育休制度を整備して働くママさんのサポートを行っている所も少なくありません。大手であれば、無理な働き方を強制される恐れは低いでしょう。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.