残業が少ない薬剤師エリアマネージャー求人

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 条件別の薬剤師エリアマネージャー求人 >> 残業が少ない

残業が少ない薬剤師エリアマネージャー求人

薬剤師エリアマネージャーになるとデメリットになりがちなのは、仕事がハードになってしまう点です。一人で複数の店舗の運営に携わるので、普通の薬剤師と比較するとどうしても仕事量が多くなるからです。調剤薬局の場合、平均して月5〜10時間程度の残業というところもあります。ドラッグストアになるとOTC販売も担当するところもありますので、少し残業は増えます。しかしそれでも月平均すると20〜30時間程度です。ところが薬剤師エリアマネージャーになると、残業は少なくても30時間というところが多くなります。場合によっては月50時間を超えるところもあります。

また先方の意向で勤務時間がバラバラになる場合もあります。インターネットで紹介されていた体験談ですが、大手法人の薬剤師エリアマネージャーで店舗の採用試験を担当するケースがありました。中途採用の場合、他の職場で仕事をしながら転職活動をしている人も多いです。すると「19時以降でないと面接が受けられないのですが…」ということもあります。すると19時まで面接希望者が来るのを待たなければなりません。残業が多いと自分の時間が確保できなくなって、いくら平の薬剤師と比較して給料がアップしても離職してしまうケースも出てきます。

一方で残業少な目の薬剤師エリアマネージャーの求人があるのも事実です。月平均で10時間とか30時間など、ドラッグストアの一般の薬剤師の残業時間とあまり変わらない条件で募集している案件に出くわすこともあります。このようなより良い条件で薬剤師エリアマネージャーの仕事のできるような募集を探すにあたって重要なのは出店計画にあります。

出店計画がいい加減なお店の場合、人材活用も場当たり的になりがちです。その結果、自分の担当しているエリアの中で人材不足の店舗が出てきてしまって、その人員調整を行う必要が出てきます。人材が慢性的に不足していると、スタッフ一人一人にかかる仕事の負担も大きくなります。するとそれに耐えかねて現在働いているスタッフが辞めてしまいます。そうなればますます人員調整が難しくなって、他の店舗の協力が必要になる場合もあります。

特にエリアを見て都市部からだいぶ離れている郊外に複数店舗があると、人事異動や退職が多くなる恐れがあります。しかも店舗に顔を出すにしても、店舗間が離れていると店回りをするだけでもかなり時間がかかってしまいます。計画的に出店しているかどうかを見極めれば、残業少な目の案件に出会える可能性も高まります。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.