薬剤師エリアマネージャーの仕事内容

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 薬剤師エリアマネージャーの転職の基礎 >> 仕事内容

薬剤師エリアマネージャーの仕事内容

薬剤師エリアマネージャーとは、ある一定の地域にある複数店舗の管理が主要な仕事内容です。大手の薬局やドラッグストアの場合、日本全国に数十・数百という店舗を展開しています。それぞれのお店に店長がいますが、彼らと本部を直接つなげると人数も多いですから、どうしても意思の疎通がスムーズにいきません。そこでさらに店長と本部の間を取り持つ形で、薬剤師エリアマネージャーが入ります。薬局・ドラッグストアによって異なりますが、大体10〜15の店舗のマネジメントを担当する所が多いです。1人のエリアマネージャーで15くらいの店舗を管理することは十分可能です。一般企業で考えると、店舗のトップの管理薬剤師が係長クラスと考えると、薬剤師エリアマネージャーは課長・部長クラスというイメージでいいでしょう。

薬剤師エリアマネージャーの業務の中でもメインとなるのは、人材マネジメントです。それぞれの店舗で仕事をしているスタッフに、快適に無理なく仕事をしてもらって、いかに業務効率をあげるか考えることです。もし仕事環境が劣悪で薬剤師の定着率が悪くなれば、仕事の効率も落ちてしまいます。またたびたび求人情報を出さないといけないので、時間もお金もかかってしまいます。できるだけ長く薬剤師に定着してもらうための知恵を出すのが、薬剤師エリアマネージャーの主要な業務です。

薬剤師エリアマネージャーになると、自分の管轄している店舗に定期的に顔を出します。そして店長だけでなく、現場で働くスタッフとコミュニケーションをとります。すると現場から「この部分は改善してほしい」「ここはこうやればもっと良質なサービスが提供できるのではないか?」といった意見・要望が出てくるでしょう。この現場の声を拾い上げて、必要があれば本部に連絡する、自分で対処できる問題であれば対策を提示するなど対応していきます。

もちろん現場の声を訊くだけでなく、本部の意向も反映させる必要があります。店舗の売り上げを拡大するにはどうすれば良いか、在庫管理のどこを改善すべきかなども考えていく必要があります。場合によっては効率よく利益を上げるために、現場の薬剤師の反感を買うような決断を求められることもあります。ていねいに患者に服薬指導を行えばサービスの質は向上します。しかしあまりに丁寧にやるとそれぞれの服薬指導に時間がかかり、収益性は低くなります。このような相反する要素をどうバランスをうまくとって結果を出すか、薬剤師エリアマネージャーの手腕にかかっていると言えます。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.