薬剤師エリアマネージャーに多い悩み

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 薬剤師エリアマネージャーの転職の基礎 >> 多い悩み

薬剤師エリアマネージャーに多い悩み

薬剤師エリアマネージャーになることでキャリアアップできる、給料アップの可能性があるなどのメリットがあります。しかしポジションが高まると、それだけ自分の責任も大きくなります。このため薬剤師エリアマネージャーになってよかったと思っている人もいれば、大変だと感じている人も見られます。

まず薬剤師エリアマネージャーになると、中間管理職ですから上下の板挟みになる可能性が出てきます。現場から「職場をこうしてほしい・ああしてほしい」という意見が出てくるでしょう。しかし本部にそのことをあげると、そのすべてが通るわけではありません。要望が通らなかった場合に、いかに現場のスタッフを納得させることができるか、説得できるかがポイントです。もしただ単に要望が通らなかったとなれば、「このエリアマネージャーは本当に自分たちのために動いてくれるのか?」という不信感を抱かれるかもしれません。また「この人は上にはモノを言えないのだな」と思われてしまって、軽くみられる恐れもあります。このような人間関係の軋轢に苦しんで、大きなストレスを抱える人も多いです。

製薬会社の中には、薬剤師エリアマネージャーになってくれる人材を募集しているケースもあります。この場合には、MRを束ねる立場になります。MRは製薬会社の営業マンといわれていて、その実績は売り上げがどうかなどで判断されます。もし自分の担当しているエリアでなかなか売り上げが伸びない場合には、本部の人間から叱咤される可能性もあります。また成績が出ない場合には、エリアマネージャーを外されることもあるかもしれません。中にはノルマを決めていて、このノルマをいかにして達成するかで四苦八苦している人も見られます。

薬剤師エリアマネージャーになると肉体的な負担も大きくなるのが悩みという人もいます。エリアマネージャーになると、自分が担当している店舗を頻繁に回ることになります。そうなると、1日数軒回っていかないといけないので結構厳しいという意見もあります。特に大手の薬局・ドラッグストアの場合、担当するエリアが広範囲になるので移動だけでも結構大変という悩みも出てきます。ただし上で紹介したように薬剤師エリアマネージャーの仕事は、結構ストレスも溜まります。自分で車を運転しているときは一人なので、ドライブ気分でいいリフレッシュになるという意見も見られます。薬剤師エリアマネージャーになると確かに給料などの待遇はよくなりますが、その反面気苦労も絶えないことは頭に入れておきましょう。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.