薬剤師エリアマネージャーのスキルアップ

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 薬剤師エリアマネージャーの転職の基礎 >> スキルアップ

薬剤師エリアマネージャーのスキルアップ

薬剤師エリアマネージャーになることで、従来の薬剤師では獲得できなかったスキルを会得できます。例えばエリアマネージャーになると、複数の店舗の売り上げ管理を行います。おそらく売り上げについてノルマが設定されていますので、その目標を達成するためにはどうすればいいかを考える必要があります。そのためには店舗ごとの売り上げを分析して、課題点と強みをピックアップし、どのような戦略を立てれば目標達成できるかを考えます。このように数字管理能力は薬剤師エリアマネージャーになることで、着実にスキルアップします。

この売り上げの分析や今後の店舗戦略を考えるために、数字の分析以外のことにも配慮する必要があります。例えばライバル店舗やスーパーなどの売り上げ状況を確認しなければならないでしょう。また特定の商品は気候や天候によって売り上げが左右されます。中にはその時々のトレンドによって売れる商品もあるでしょう。このようにいろいろな情報を収集する能力もスキルアップできます。もちろんマスコミやインターネットなどを使って情報収集できるでしょう。しかしそのほかにもできるだけ多くの人とかかわることも大事です。人と交流する中で得られない情報を収集して、それを店舗戦略に活用することも可能です。

薬剤師エリアマネージャーになれば、複数店舗を束ねる立場になります。ということはリーダーシップを身につけられます。店舗の規模によっては担当するスタッフの数が大変多くなる場合も出てきます。このスタッフの先頭にたって、店の目標に向かってチームをまとめる能力が求められます。時にはスタッフの不満や悩みを聞いて、時には厳しくスタッフを指導することもあります。このように人の上に立って仕事をする意識が持てるのは、薬剤師エリアマネージャーならではといえます。

調剤薬局やドラッグストアで一介の薬剤師として仕事をしている場合、あまり接客や小売りの業務をしているという意識はないでしょう。しかし店長やスタッフを統率する場合、接客や小売りのプロフェッショナルとして接する意識も必要です。どのようにしてお客さんに接すれば人気が出るか、店舗の運営をするにあたって何が必要かということを指導することもあるでしょう。薬学だけでなく、接客・小売、ひいては経営のスキルも身につけられます。このようにより幅広い分野においてスキルアップができるので、薬剤師エリアマネージャーへのキャリアアップを希望する人も少なくないわけです。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.