薬剤師エリアマネージャーを辞めたい時

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 薬剤師エリアマネージャーの転職の基礎 >> 辞めたい時

薬剤師エリアマネージャーを辞めたい時

薬剤師の中にはステップアップするためにエリアマネージャーへの転身を希望する人も多いです。しかしその中にはエリアマネージャーを辞めたくなるケースも出てきます。いろいろな理由がありますが、今と昔の仕事のギャップを感じたからというものがあります。薬剤師エリアマネージャーになることで店舗の運営・経営についてノウハウを身につけられ、今までにはなかったスキルを獲得できます。しかしその反面、今までのスキルやキャリアが生かせなくなることへのジレンマを感じる人もいるようです。

薬剤師エリアマネージャーになると、自分が担当する店舗を回ります。店舗にも顔を出すのですが、店員や店長と話をすることはあっても、店に出てお客さんと接する機会はほとんどありません。また自分の薬剤師として培ってきた薬学に関するスキル・知識も生かせなくなります。すると薬剤師エリアマネージャーの中には「今まで薬剤師として頑張ってきたのは何だったのだろう」と疑問に感じてしまう恐れもあります。

また人間関係などでジレンマを感じて、やめたくなることもあるでしょう。薬剤師エリアマネージャーはいわゆる中間管理職です。現場のスタッフを指導して、本部からの指令に従って行動しなければなりません。現場と本部の意見が合致していればいいのですが、時として対立することもあります。本部の言うがままに指導すれば、現場の不満がどんどん溜まりますし、士気も下がってしまう恐れが出てきます。では現場のスタッフの言うことを聞いてしまうと、今度は本部から圧力がかかってしまいます。このような板挟みの中で、どのように調整していくか、薬剤師エリアマネージャーの腕の見せどころではあります。しかしなかなか自分の思い通りに進んでいかないと、「もう放り出したい」という気持ちになる人も出てくるでしょう。

薬剤師エリアマネージャーになると、複数の店舗を掛け持ちしなければならなくなります。それまで一つの店舗で薬剤師として仕事をしてきたときと比較すると、業務量はどうしても増えます。すると残業時間が増えて、休日もなかなか取れなくなる可能性も出てきます。そうなると自分の時間が持てなくなってしまい、肉体的に疲れて辞めたいと思う人もいるでしょう。家族のいる人の場合、なかなか家族とコミュニケーションが取れずに家庭の中がぎくしゃくしてしまう恐れも出てきます。このように薬剤師エリアマネージャーには大変な側面もあることは頭に入れておきましょう。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.