薬剤師エリアマネージャーの志望動機・自己PR

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 薬剤師エリアマネージャーの転職の基礎 >> 志望動機・自己PR

薬剤師エリアマネージャーの志望動機・自己PR

薬剤師エリアマネージャーの特徴として、一般の薬剤師とは業務内容が異なる点に着目しましょう。薬剤師の場合、調剤や服薬指導、ドラッグストアの場合市販薬をお客さんに紹介するOTC販売が中心です。しかし薬剤師エリアマネージャーになると、このような患者・お客さんと頻繁に接することはなくなりますし、調剤を担当する頻度もかなり少なくなります。

エリアマネージャーになると、店舗や一般の薬剤師の上に立って仕事をする形になります。そこでマネジメント能力が要求されます。それまでは患者やお客さんのことを考えればよかったのが、売り上げや在庫管理など会社経営という視点が必要になります。このように普通の薬剤師ではなかなか経験できないキャリアを積み重ねていけます。「薬剤師として視野を広げていきたい」「キャリアチェンジをして自分の可能性を探ってみたい」といった志望動機をベースにして文章を考えるといいでしょう。またエリアマネージャーになると、薬学の知識だけでなく、経営の知識・スキルも必要です。薬剤師の中には、いずれ自分の薬局を持ちたいと思っている人もいるでしょう。このような将来独立開業したいからというのも、薬剤師エリアマネージャーの志望動機として説得力が増します。

薬剤師エリアマネージャーとして転職したければ、自己PRをどうするかも重要なポイントです。もしすでにエリアマネージャーとしてキャリアを有しているのであれば、どれくらいの規模を担当していたか、仕事をする中でどのような成果を出したか、どこで苦労したかということをまとめてみましょう。経験が豊富にあれば、即戦力になりうるところをアピールできます。

薬剤師エリアマネージャーになったら、現場の声をしっかり聞くことも人材マネジメントの中で求められることです。店舗で働く薬剤師がどのようなところで苦労しているか、改善してほしいところはないかという話を聞くことも大事です。薬剤師とコミュニケーションをとることで、メンタル面のケアをしていきます。もし薬剤師エリアマネージャーの経験がなければ、このようなコミュニケーションスキルにたけていることもアピールするといいでしょう。ただ単に現場の薬剤師の話を聞くだけでなく、本部など上からの指示なども反映する必要があります。薬剤師エリアマネージャーはいうなれば、中間管理職に該当する立場といえます。上と下の折衝できるようなバランス能力があるので、仕事面で関係するエピソードがあれば自己PRに絡めていくといいです。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.