薬剤師エリアマネージャーの面接対策

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 薬剤師エリアマネージャーの転職の基礎 >> 面接対策

薬剤師エリアマネージャーの面接対策

薬剤師エリアマネージャーとして採用されるかどうかは、面接試験の結果いかんにかかっているといっていいでしょう。面接試験はだいたい15〜20分程度・長くても30分を超えることはまずありません。そこで第一印象に気を付けることが大事です。薬剤師エリアマネージャーに応募する場合、通常面接試験はスーツ姿で当日会場に向かいます。この時、少し早めに最寄り駅に到着できるように時間調整することです。そして駅もしくは近くの商業施設のトイレに入って身なりの確認をすることです。家を出る前にスーツや髪形などきちんとセットしているはずです。しかし移動している間にスーツや髪形が多少乱れることはあります。そのままで会場に行くと、第一印象がマイナスです。だから最寄り駅でもう一度、身だしなみをチェックすることは大事です。

薬剤師エリアマネージャーの面接試験では、それまでの薬剤師・エリアマネージャーとしての経験について尋ねられます。あらかじめ自分のキャリアを見直して、どこを重点的にアピールすればいいかなどをまとめておきましょう。ここで重要なのは、少し失敗談を挟んで話をすることです。もちろんどのような成果・実績があるのかを話すことが、自分に能力がある・即戦力になりうることをアピールするために大事です。しかし、いいことばかり話してしまうと、自慢話をしているような感じになって、面接官の印象を損ねる可能性があります。

そこで少しでいいので、失敗談をその中に織り交ぜましょう。薬剤師エリアマネージャーは現場の薬剤師と話をして、いろいろと悩みの相談に乗ることもあります。その時あまりに完璧すぎるエリアマネージャーだと皆さんが一薬剤師だと想像して、なかなか相談しにくいはずです。しかし自分もかつて失敗したことがあるエリアマネージャーであれば、いろいろなことも話しやすいのではないですか?このような親しみやすさをアピールすることも、薬剤師エリアマネージャーの面接対策では意外と重要です。

薬剤師エリアマネージャーの採用試験では、給料をどうするかという話も出てくるかもしれません。転職している身としては気になるところでしょうが、自分から切り出すのは面接官の印象としてはよくないです。あと向こうが年収交渉を持ち出した時、提示した額で納得できなければ、さらりと言いきってしまうのがポイントです。言い出しにくいかもしれませんがだらだらと話をしていると、どうしても面接官もお金のことについて長く話したという記憶になってしまい、逆に印象が悪くなってしまいます。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.