薬剤師エリアマネージャーの人間関係

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 薬剤師エリアマネージャーの転職の基礎 >> 人間関係

薬剤師エリアマネージャーの人間関係

薬剤師エリアマネージャーになると経営や在庫管理など、服薬指導や調剤を中心とした薬剤師の業務とは異なる仕事を担当します。その中でも何よりも重要といわれているのが人材マネジメントについてです。自分が管轄するエリアの店舗で勤務している薬剤師などのスタッフをいかにうまくマネジメントできるか、経営や売り上げなどに大きく影響を及ぼします。ですから薬剤師エリアマネージャーとして仕事をするのなら、人間関係を重視することです。

こまめに管轄している店舗を訪れ、店長をはじめとしたスタッフとよく話をすることです。その中で現場ではどのような悩みを抱えているのか、人間関係をはじめとして何か問題が起きていないか声を拾い上げていきましょう。もし改善できるところがあれば改善策を講じる、もしくは必要に応じて店長に指導しましょう。また自分だけでは判断できない問題であれば、本部などにもっていって上司の判断を仰ぐなどの対策を講じる必要があるかもしれません。

このため良好な人間関係・信頼関係を構築するにあたって、薬剤師エリアマネージャーにはコミュニケーションスキルが高く求められます。薬剤師エリアマネージャーの採用試験、特に面接試験ではコミュニケーション能力の高さを面接官はほぼ確実に見ているといっていいでしょう。そこで面接試験の時に重視してほしいのは、的確な質疑応答を心掛けることです。相手が質問してきた場合、どのような答えを求めているかを考えましょう。その上で簡潔に相手が求める答えをピンポイントで話せば、コミュニケーション能力が高いと評価してもらえます。中には相手がどのような意図で質問をしたのかよくわからないこともあるでしょう。その場合にはあてずっぽうで答えるのではなく、「今のお話はこういうことでしょうか?」と確認をとるといいでしょう。適当に答えてそれが的外れだった場合、マイナス評価になってしまう恐れもあるからです。

薬剤師エリアマネージャー自身が人間関係で苦しむこともあるかもしれません。いわば薬剤師エリアマネージャーは中間管理職的な立場にあります。上司からいろいろと指示が出て、現場の求める声と板挟みにあってしまうこともあるでしょう。決して楽な仕事では無いですが、知恵を絞って問題を解決できれば、高い達成感と充実感が味わえるでしょう。コミュニケーションや人間関係を円滑にまとめることに自信を持っている薬剤師がいれば、ステップアップのためにエリアマネージャーを目指すといいでしょう。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.