薬剤師エリアマネージャーの向き・不向き

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 薬剤師エリアマネージャーの転職の基礎 >> 向き・不向き

薬剤師エリアマネージャーの向き・不向き

ほかの職種同様、薬剤師エリアマネージャーについても向き不向きがあります。キャリアアップのためにこれから薬剤師エリアマネージャーになろうと思っているのであれば、自分に適性があるかどうか自己判断してみることです。まず何よりも重要なのは、物事をより広い視野でみられる人かどうかでしょう。複数の店舗・営業所を束ねる立場にあります。店舗・事業所によっていろいろな要望が出てくるでしょうし、場合によってはエリア内でも意見の対立が起きる可能性も十分考えられます。そのような場合に、それぞれの立場を理解してバランスよく問題解決するには、広範的な視野に立つ必要があります。

薬剤師エリアマネージャーになると、店長などの責任者や店のスタッフなどと話をして、現場で何の問題が起きているのか把握する必要があります。しかもよく話を聞くことで、エリアマネージャーと現場スタッフとの間に信頼関係が生まれます。ですからコミュニケーションスキルを持っている人の方が、薬剤師エリアマネージャーに向いているといえます。逆に人見知りで、いろいろな人と話すのが苦手という人にはあまり向いていない仕事となるでしょう。

薬剤師エリアマネージャーの中には、広いエリアを担当するケースもあるでしょう。この場合求められるのはフットワークの軽さです。今ではパソコンを使ってコミュニケーションをとったり、テレビ会議を使って今後の問題対策や課題を共有したりすることも可能です。しかしこのようなメディアを使ってある程度のコミュニケーションは図れますが、やはり現場で直接話をしないとわからないこともあります。何か問題が起きた時にすぐに現場に出向けるような機動力のある人の方が、薬剤師エリアマネージャーには向いているといえます。すぐに動けるように自動車の運転免許を持っている人の方が向いているのも付け加えておきます。

薬剤師エリアマネージャーになれば、経営というものにより深く携わることになるでしょう。そうなるとお金の出入りに関しても知識を持つ必要があるでしょう。簿記や会計について知識を持っている人の方が、薬剤師エリアマネージャー向きといえます。ただしこれらの知識については、エリアマネージャーになる前に必ず必要なものではありません。エリアマネージャーになってから勉強して知識を身に着けても問題はありません。その意味では常に新しいことにチャレンジできる、いつまでも必要な勉強のできるような努力家の方が向いています。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.