大阪の薬剤師エリアマネージャー求人

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 地域別の薬剤師エリアマネージャー求人 >> 大阪

大阪の薬剤師エリアマネージャー求人

大阪は西日本の中心となる都市で、薬剤師求人数も非常に多く、給料相場も高い水準となっています。ただ、病院や公務員薬剤師以外の年収相場は基本的にどこの地域でもそれほど高くはないので、大阪だからといって上限額が特別高くなるということはありません。ドラッグストアで働く薬剤師の給与相場は通常、初任給は調剤薬局や病院と比べると高い傾向があるのもの、勤続年数が長くなっていった場合の昇給はドラッグストアの方が一定額から上がりにくくなることが多くなります。

そのため、長く安定して将来を見据えて働く場合には、病院や公務員薬剤師の方がおすすめといえます。しかし、ドラッグストアや調剤薬局で働く薬剤師が必ずしも年収が低いとは限りません。調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師の場合、管理薬剤師の資格を取って店長であったりエリアマネージャーなどの役職に就くことで、昇給や年収アップを狙うことは十分できます。では、大阪で調剤薬局やエリアマネージャー職についた場合、どれくらいの年収が望めるのでしょうか。

まずは調剤薬局求人から情報を見てみます。こちらは茨木市や堺市や大阪市内に店舗を構えている調剤薬局の求人情報です。年収は正社員で400万円からとなっていて幹部候補のエリアマネージャーを募集しています。基本的な業務は調剤業務や服薬指導に加え、開局時に医師との連携などを含めた薬局の運営全般となります。エリアマネージャーの経験があると優遇されますが、経験がない方でも可能となっています。エリアマネージャーとなった場合には、合計4店舗の管理を行うこととなります。経験や能力次第で年収は600万円以上も可能となっているので、薬剤師のエリアマネージャーとしては平均的な金額となります。

大阪は東京に次ぐ大都市ということもあって、大阪市内を中心として大変多くのドラッグストアが乱立しています。大阪府内にはスギドラッグだけで140店舗以上、ココカラファインが130店舗以上、ウエルシアも100店舗以上あり、その他にもチェーン展開しているドラッグストアが多数あります。こうした状況から、各ドラッグストアでも薬剤師のエリアマネージャーポストがあることは想定できます。ドラッグストアは一般企業が運営しているということもあり、給与相場は各企業の業績や方針次第で大きく変わります。場合によっては調剤薬局のエリアマネージャーよりもドラッグストアでエリアマネージャーになった方が最終的に年収が高くなる可能性もあります。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.