沖縄(那覇など)の薬剤師エリアマネージャー求人

薬剤師エリアマネージャーTOP >> 地域別の薬剤師エリアマネージャー求人 >> 沖縄(那覇など)

沖縄(那覇など)の薬剤師エリアマネージャー求人

沖縄には、薬学部のある大学がありません。琉球大学へ薬学部設置という話もありますが、現在のところまだ未設置なので沖縄で働いている薬剤師は基本的に県外で資格を取った薬剤師が働いているということになります。そういったこともあって、沖縄県内では薬剤師は慢性的に不足しています。ですから、沖縄の調剤薬局や病院、ドラッグストアでは薬剤師を集める為に様々な対策をとっています。もちろんそれに伴って薬剤師の平均年収も高くなっています。また、そんな中で管理薬剤師の資格をもってたり店長やエリアマネージャーの役職がついていると、さらに年収はアップします。そもそも薬剤師不足の土地なので、ただ薬剤師として働くだけでも歓迎されますが、エリアマネージャーなど幹部候補として求人に応募すれば歓迎されることは間違いありません。では、実際に沖縄で薬剤師がエリアマネージャーとして働いた場合、どのような待遇になるでしょう。

まず、沖縄の薬剤師の年収ですが、求人情報を見ると410万円から1000万円となっています。スタートとなる410万円は平均的な金額となりますが、薬剤師で年収1000万円を目指すことができるのは、都内などを見てもなかなかありません。やはり沖縄では薬剤師の需要が高いということが分かります。しかし、普通に考えてただの薬剤師で年収1000万円を手にすることができる可能性は限りなく低いです。沖縄で薬剤師が年収1000万円を手にするには、管理薬剤師の資格はもちろん必要ですが、それ以外に何らかの役職に就く必要があります。薬剤師の役職として考えられるのはドラッグストアや調剤薬局の店長、またはエリアマネージャーなどがあります。エリアマネージャーは調剤薬局やドラッグストアでいくつかの店舗を管理する管理職になります。

沖縄県内だとドラッグイレブンやふく薬品、マツモトキヨシなどが多店舗展開していますので、こうした大手チェーン店のドラッグストアなら、高収入のエリアマネージャーの募集をしている可能性があります。ただし、沖縄県はそもそも土地も狭いですし、ドラッグストアの数もほかの地域に比べると少ないので、エリアマネージャーのポスト自体が少ない可能性はあります。ですから、ドラッグストアにこだわらないのであれば調剤薬局のエリアマネージャーも視野に入れて考えるとよいでしょう。薬剤師需要の多い沖縄なら、エリアマネージャーになればかなりの高収入となる可能性があります。

薬剤師エリアマネージャー求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 薬剤師エリアマネージャー求人ナビ All Rights Reserved.